/

(中国人消費SNS分析) Z世代、「映え」狙い書店へ

美しさ共有 習慣定着 実物のコンテンツ化カギ

[有料会員限定]

ここ数年、あるリアル店舗が中国で人気になっている。そのスポットとは「書店」。

ただ、書店といっても普通の書店ではなく、より華やかなデザイン内装が施された、特徴的な書店が、中国のZ世代の若者たちの注目を集めている。小売りや情報発信のオンライン化が日本以上のスピードで進んでいる中国で、オフラインの書店が若者に人気になっているのには理由がある。

もともと中国のZ世代には「意識の高い」消費者が多く、これ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン