/

この記事は会員限定です

中国、東南アに再接近

米次期政権にらみ「ワクチン外交」

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也、北京=羽田野主】中国が再び東南アジア諸国に接近している。王毅(ワン・イー)国務委員兼外相が20日のバイデン米次期大統領就任前に各国を訪問する。中国製の新型コロナウイルスワクチンを武器に引き寄せる狙いがありそうだ。

王氏の東南ア訪問は2020年10月以来。今回は前回訪問していないミャンマー、インドネシア、ブルネイ、フィリピンの4カ国を16日までに回る。

王氏は13日に訪問先の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン