/

この記事は会員限定です

JA青森、リンゴ園継承支援 第三者受け入れ協議会設立

[有料会員限定]

青森農業協同組合(JA青森、青森市)はリンゴ園地を第三者に継承してもらうことで生産者の減少を防ぐ取り組みを始める。このほど新規就農者の受け入れや育成、確保などを担当する「JA青森浪岡地区新規就農受入協議会」を設立した。

JA青森によると、リンゴ園地の経営や栽培技術の習得については相当の期間が必要で、親を継ぐ形での就農以外の新規参入は厳しい状況にある。また後継者も不足していることから離農するリンゴ農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン