/

この記事は会員限定です

中国勢、高まる存在感

EV関連材料 最大市場で技術蓄積

[有料会員限定]

電池材料以外でも中国企業との競争が激化している。モーターに使うネオジム磁石はかつて日立金属信越化学工業など日本企業が強かったが、足元では中国勢の世界シェアは8割にのぼる。モーター材料でも日本製鉄やJFEスチールが強かった高性能鋼板「電磁鋼板」も中国勢が猛追。20年にトヨタ自動車が中国の鉄鋼大手、宝武鋼鉄集団がつくる電磁鋼板の採用に踏み切った。

一方でJFEホールディングス(HD)は4月、「フェライト磁石」と呼ぶ部材の生産能力を国内で倍増させる。駆動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン