/

この記事は会員限定です

三菱ケミ、電池材料5割増産

高出力と長寿命を両立 先端部材で中国に対抗

[有料会員限定]

三菱ケミカルは2023年までに電気自動車(EV)などに使うリチウムイオン電池の中核材料の生産能力を約5割引き上げる。従来と比べて電池の出力と耐久性を高められるのが特徴だ。EVの普及で世界的にリチウムイオン電池の需要が高まるなか、中国の部材メーカーの成長が著しい。高機能材料の量産体制を整えて対抗する。

リチウムイオン電池は正極材と負極材の間をイオンが行き来し、充放電する仕組み。2つの電極材とイオンが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン