/

この記事は会員限定です

ファンド対応は全て英語 金融庁、国際金融都市へ新拠点

[有料会員限定]

金融庁は12日、日本に新規参入する海外ファンドの登録手続きから監督・検査まで一貫して英語で対応する「拠点開設サポートオフィス」を新設した。ビデオ会議を使いオンラインで事前相談も受け付ける。アジアの金融センターである香港が政情不安で揺れるなか、言葉の壁を取り除いて日本の国際金融都市としての魅力を高める。

麻生太郎金融相らが同日、オフィスの看板の除幕式に参加した。麻生氏は同日の閣議後の記者会見で「世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン