/

この記事は会員限定です

EV製造 資源循環へ規制 EU、電池材料を再利用

50年温暖化ガス実質ゼロにらみ

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】2050年に域内の温暖化ガスの排出を実質ゼロにする目標を見据え、欧州連合(EU)が電気自動車(EV)などの電池生産の環境規制をつくる。生産過程で排出する温暖化ガスを申告させるほか、電池材料の再利用などを求める。EVが自動車の主力となる中、電池の循環利用を進め、環境配慮で世界で先行することを目指す。

EUの欧州委員会が20年12月中旬、電池に関する規制案を公表した。EVのほ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン