/

この記事は会員限定です

NAND型は なお軟調

供給余剰、在庫調整に時間

[有料会員限定]

DRAMと並ぶ半導体メモリーの代表品種、NAND型フラッシュメモリーはなお軟調だ。指標となるTLC(トリプル・レベル・セル)の256ギガビット品の20年12月の大口価格は1個3.25ドル前後。11月より3%ほど安く、7カ月連続の値下がりだ。需要は復調しているが、供給余剰の影響が残っている。

米マイクロンなど3社寡占状態のDRAMと異なり、NAND型は韓国サムスンやキオクシアホールディン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン