/

この記事は会員限定です

半導体メモリー、底入れ感 5Gスマホ向け好調

12月大口、DRAM5~7%上昇

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で低迷していた半導体メモリー市況に底入れ感が出てきた。データの一時保存に使うDRAMの2020年12月の大口取引価格は前月比5~7%上昇した。高速通信規格「5G」対応のスマートフォンの生産が拡大しているほか、パソコンやゲーム機向けの需要も底堅い。本格的な回復とみるには慎重な声もあるが、市場の弱気論は後退した。

指標となるパソコン向けのDDR4型の8ギガ(ギガは10億)ビット品は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン