/

この記事は会員限定です

雑貨で石綿混入相次ぐ 中国の緩い規制が原因か

国、企業に確認要請

[有料会員限定]

吸収性の高い「珪藻(けいそう)土」を使ったバスマットなどに発がん性があるアスベスト(石綿)が含まれていたことが判明し、大規模な回収が相次いでいる。0.1%を超えて含む製品は2006年以降、製造や使用が禁じられているが、基準を超える含有量が確認された。専門家は「規制の緩い海外で、製造時に混入した可能性がある」などと指摘する。

珪藻土は藻の化石が堆積した土。吸水性や吸湿性に優れ、古くから建材などに使わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン