/

この記事は会員限定です

(社説)息の長い地方分散に取り組もう

[有料会員限定]

2度目の緊急事態宣言は東京圏(1都3県)に人口が集中するリスクを改めて浮き彫りにした。私たちはコロナ禍を機に地方への分散を進めるべきだと主張してきたが、まだ大きな流れにはなっていない。地方への関心を一過性にせず、息の長い取り組みにしていく必要がある。

コロナ禍で東京都内を離れる人は増えている。都の人口は昨年7月から5カ月間連続で転出超過になった。ただ転出先は近隣の神奈川、埼玉、千葉が中心で、1都3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン