/

この記事は会員限定です

走るコペンハーゲン

生活再設計 都市に迫る

[有料会員限定]

2025年に世界初のカーボンゼロ都市になると決めたデンマークの首都コペンハーゲン市。19年の二酸化炭素(CO2)排出量は102万トン。計画を作った12年から4割削ったが、あと4年、ここからが正念場だ。

コペンハーゲンでは至る所に自転車専用道が敷かれている。25年に75%の市民が徒歩や自転車、公共交通機関を使うのが目標。そんな世界有数の自転車都市でもまだ車の走行は目に付く。

打てる手すべて

市は駐車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン