/

この記事は会員限定です

労働生産性 付加価値、小売業低く

[有料会員限定]

▽…従業員1人当たりが生み出した付加価値の金額を示す。産業や企業などの付加価値額を、常時働く従業者数で割って算出するのが一般的。高ければ少ない人数で効率的に稼げている目安になる。人口減が進む日本で経済成長を実現させるには、労働生産性の引き上げが欠かせない。

▽…労働集約型の典型とされる小売業はかねて労働生産性が低く、就業者数が多いことからも改革が求められていた。ただデジタル技術やロボットなどの省人化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン