/

この記事は会員限定です

IHI水素生産、魚・野菜も一緒に

副産物の酸素活用で採算向上、23年度販売めざす

[有料会員限定]

IHIは水素を作る際の副産物として生まれる酸素の有効活用に乗り出す。養殖などと一体化した生産システムを開発し、利用企業が魚などの販売で収入源を増やせるようにする。環境負荷が少ない水素は生産や流通にかかるコストが課題とされる。新システムが普及すれば、脱炭素社会の実現に必要な水素生産の採算が取りやすくなる。

水の電気分解は水素の生産手法の一つで、水素2に対して酸素が1の割合で生まれる。従来は大気に放出してき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン