/

この記事は会員限定です

日産も半導体不足で減産

ノート5000台、月内に

[有料会員限定]

日産自動車が半導体の不足を受け、車の減産に乗り出すことが8日、分かった。1月からまず主力小型車「ノート」の生産を5000台規模で減らすもよう。2月以降も影響が続く可能性がある。スマートフォンや通信基地局で半導体の利用が増え自動車向け供給が滞る。ホンダも1月からの減産を決めており影響が他メーカーにも広がってきた。

関連記事総合5面に

半導体を組み込んだ電装部品の調達に制約が出ている。1月は当初1万5000台前後の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン