/

この記事は会員限定です

サムスン、半導体に3兆円

コロナ禍、積極投資で先手 韓中で設備増強、取引先に通知

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子の半導体部門の設備投資額が2021年に初めて3兆円を突破しそうだ。世界シェア4割を握る半導体メモリーの安定需要に加えて、半導体受託生産の急拡大をにらみ投資を積み増す。20年業績は半導体に支えられ、営業利益が19年比で29%増だった。新型コロナウイルス禍でも投資拡大で先手を打つ。

営業益29%増

サムスンが8日発表した20年通期の連結決算速報値は、営業利益が19年比29%増の3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン