「国連の懸念」で方針転換 IOC声明 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

「国連の懸念」で方針転換 IOC声明

ウクライナなお反発

[有料会員限定]

【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は29日、声明を発表し、ウクライナへの侵攻でスポーツの国際大会から除外されたロシアとベラルーシの選手について、中立の立場などを条件に復帰を検討する方針としたのは、両国勢を排除するよう求めた勧告が国連の人権理事会から「深刻な懸念」を示されていたためだと説明した。

人権理事会は「国籍だけを基にロシアとベラルーシの選手や役員を国際大会から締め出す」こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません