/

この記事は会員限定です

熱延コイル、続く上昇 9年3ヵ月ぶり高値

東アジア価格、中国需要・原料高映す

[有料会員限定]

自動車や家電など幅広い産業に使う鋼材「熱延コイル」の東アジア価格が2011年10月以来、9年3カ月ぶりの高値を付けた。中国の旺盛な需要を背景に需給が引き締まるなか、主要生産国のメーカーが値上げを進めている。原料価格の高止まりもあり、当面は上昇基調が続く見込みだ。

熱延コイルは薄鋼板の代表品種である熱延鋼板をコイル状に巻き取った鋼材だ。東アジアでの取引価格(運賃込み)は現在、1トン700~730ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン