/

この記事は会員限定です

細胞内の構造、自発的に生成

名古屋大などが実験

[有料会員限定]

名古屋大学などの研究グループは、生物の細胞内と似た条件の下で、細胞小器官とよばれるミクロな構造を自発的に作り出す実験に成功した。原始の生命体の細胞で複雑な構造や機能が生み出されるメカニズムに迫る成果だ。

細胞小器官は細胞内にある核やミトコンドリア、ゴルジ体などの総称。膜で外界から隔たれているが、どんな仕組みでこれらが形成されるかがよくわかっていない。

研究グループは、複数の水溶性の高分子を混合する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン