/

この記事は会員限定です

<記者の目>衆院選、野党の意義も問う

[有料会員限定]

2021年は衆院選の年となる。選挙を控えた時期に内閣支持率が急落し、自民党内には野党に転落した09年の衆院選に似てきたと焦る声がある。一方、政策研究大学院大学の竹中治堅教授が類似性を指摘したのは低支持率でも与党が過半数を維持した00年の衆院選だった。09年と違って現在の野党に勢いがみえないからだ。

英政府が3度目のロックダウン(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン