/

この記事は会員限定です

財務制限条項への抵触29社 上場企業9月末

コロナ禍で20社増、緊急事態宣言で増加懸念

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の影響で、銀行などとの融資条件を満たせない上場企業が増えてきた。2020年9月末を期末とする有価証券報告書や四半期報告書を調べたところ、財務制限条項(コベナンツ)に抵触した企業や今後抵触するおそれがあると記載した企業は計29社と1年で20社増えた。多くは金融機関と協議して一括返済を免れているが、緊急事態宣言による業績悪化で抵触企業が増える可能性が高い。

国内の全上場企業を対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン