/

この記事は会員限定です

今治・JMUの新会社始動 環境船技術で中韓に挑む

造船所再編、課題に

[有料会員限定]

国内造船大手連合が動き出した。国内造船最大手の今治造船と2位のジャパンマリンユナイテッド(JMU)は6日、両社の営業設計機能が統合した新会社が1月に始動したと発表した。2社の国内シェアは5割程度、世界では1割強だが中韓勢の大手には規模で勝てない。需要が低調な中では、脱炭素などの技術力で一歩抜きんでる必要がある。

「ゼロエミッションという将来の厳しい環境規制や自動運航の流れの中、ニーズを先取りして受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン