/

この記事は会員限定です

株価上昇、5商社で最大

昨年17%、配当性向に改善余地

[有料会員限定]

伊藤忠は20年を通して株価上昇率が17%と、5大商社で最大。時価総額でも20年6月に商社トップに立った。その商社株を巡っては20年8月に米著名投資家のウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの出資が表面化。一報を受けた伊藤忠は鉢村剛最高財務責任者がバークシャーに対し、自社がいかに魅力的な投資先かを訴えた。そこでどのようなやりとりがあったのかは明らかにされてはいないが、岡藤正広会長は株主還元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン