/

この記事は会員限定です

人生10勝10敗の哲学

[有料会員限定]

横浜(現DeNA)の監督になった1998年、私は開幕戦でベンチ入りした投手全員に「kill or be killed」(やるかやられるか)と書いたボールを手渡した。投手の勝負は常にのるかそるか。とにかく必死でやるしかないんだぞ、という意味だった。

この言葉通り、激しく戦い抜いたのが、今年からチームを率いる三浦大輔監督だった。直球は140キロに届くかどうか。変化球も並。それでも通用したのは真っすぐで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン