/

この記事は会員限定です

2021年市況の行方 段ボール原紙の出荷、家具・家電向け増加

需要は堅調、相場下支え レンゴー副社長 長谷川一郎氏

[有料会員限定]

――2020年は新型コロナウイルス禍で段ボール原紙の国内需要が落ち込みました。

「20年1~11月の段ボール原紙の国内出荷量は約799万トンで前の年の同期を4%下回った。コロナ禍で5月に19年同月比10%減少したが、その後は回復している。足元では食料品や日用品、医薬品向けが好調だ。生活環境を整えるための家具などのインテリア向け、空気清浄機や加湿器などの家電向けも増加している。レンゴーでは12月も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン