/

この記事は会員限定です

市民が手づくり「ソーシャル系大学」 学び合い通じ地域の友人

世代間のつながりの場に

[有料会員限定]

「ソーシャル系大学」や「コミュニティ大学」と呼ばれる集まりが各地に広がりつつある。法律が定める正式の大学ではない。街に住む普通の人々が時には先生、時には生徒になり、学び合いを通じて地域の友人知人を増やしていく。全国で80を超す"学舎なき学校"の魅力とは何か。

川崎市の武蔵小杉で活動するのは「こすぎの大学」だ。2020年12月に開いた通算96回目の授業は、「紙芝居で振り返るこの1年」がテーマだった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン