/

この記事は会員限定です

冬の飲食店「屋外」に活路

米国

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続く米国の飲食店が「試練の冬」を迎えている。2020年12月中旬から再び店内飲食が禁止されたニューヨーク市では、寒さをしのぐ設備やイベントの開催など屋外での営業に工夫を凝らす店が目立ち始めた。生き残りをかけて「アウトドア」需要を開拓する動きが広がっている。

気温が氷点下近くになることも多い12月のニューヨーク市内。通りに面した北海道料理店「ドクター・クラーク」の屋外に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン