/

この記事は会員限定です

基本的対処方針 特措法に基づき策定

[有料会員限定]

▽…政府が新型コロナウイルスの感染状況や対策などを示す指針。緊急事態宣言の根拠となる新型インフルエンザ対策特別措置法の18条で策定を義務付ける。感染症の専門家らの意見を聞いて方針をつくるよう定められている。政府は基本的対処方針等諮問委員会(尾身茂会長)を開いて見解を練り、政府の対策本部で決める。

▽…政府は新型コロナ対策で2020年3月に初めて基本的対処方針を決めた。その後、緊急事態宣言の発令や対象地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン