/

この記事は会員限定です

政府と都県、責任押しつけ合い 首都圏の感染拡大

[有料会員限定]

菅義偉首相は首都圏1都3県を対象に週内にも緊急事態宣言を再発令する。一連の過程で政府は飲食店への時短営業の要請強化を求め、都県側が早期宣言を迫るなど責任を押しつけ合う構図が浮き彫りになった。

首相は4日の記者会見で「北海道や大阪など時間短縮した地域は結果が出ている」と指摘した。1都3県は「三が日も感染者数が減少せず、極めて高い水準だ」と緊急事態宣言を検討する理由を説明した。

首相は昨年末まで緊急事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン