/

この記事は会員限定です

株一段高、ハードル高く

グループの相乗効果カギ

[有料会員限定]

ソニー株に上値を追う余地はあるのか。IT(情報技術)バブル時にPBR(株価純資産倍率)が約7倍まで高まったのと比べると、いまは約2.5倍で比較的落ち着いた水準ではある。もっとも、複合企業の株価分析に使う「サム・オブ・ザ・パーツ(SOTP)法」で理論株価を試算すると、現在の株価より1割ほど高い約1万1700円となった。割安感は乏しく、一段高のハードルは高まっている。

SOTP法では各部門のEBIT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン