/

この記事は会員限定です

株価「下値は限定的」多く

緊急事態宣言 一段の円高警戒も

[有料会員限定]

政府の緊急事態宣言検討で4日の日経平均株価は続落したが、市場関係者の間では今後の下値は限られるとの見方が多い。経済への影響を抑えた形での宣言になるとみられていることに加え、ワクチンの完成などで前回の宣言時に比べ不透明感が薄らいでいるためだ。ただ、一段の感染拡大など想定外の事態が生じれば、株価が下値を探る展開となる可能性もある。

日経平均は2020年12月29日に30年ぶりの高値を付けており、利食い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン