/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、M&A税務で370億円申告漏れ

国税・企業、見解に相違

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が東京国税局の税務調査を受け、2021年3月期までの2年間で約370億円の申告漏れを指摘されたことが24日、関係者への取材で分かった。傘下の米携帯通信スプリントの合併に絡む取引費用が過大に計上されていたとみられる。グローバルなM&A(合併・買収)が増えるなか、関連支出を巡る国税当局と企業側の見解の相違が目立つ。ルールを巡る議論に一石を投じそうだ。(関連記事を社会2面に

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません