「協同労働」新たな働き方 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

「協同労働」新たな働き方

働く人自身が出資・経営

[有料会員限定]

働く人が出資も経営も兼ねる「労働者協同組合」という組織が法律に基づいて作れるようになりました。2020年12月に成立した議員立法によるもので、企業による雇用とは異なる「協同労働」という働き方の普及を目指しています。

協同労働は西欧などでは19世紀から普及し、日本でも法律に先立つ実践者がいます。その1つである日本労働者協同組合連合会(東京・豊島)は19年度の就労者が約1万6000人と9年前から3割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません