/

この記事は会員限定です

損保ジャパン インフラ損壊前に保険金

危険予知し前払い 復旧費抑制狙う

[有料会員限定]

損害保険ジャパンは道路などのインフラの損壊が起きる前に対策費用を支払う新たな保険サービスを始める。センサーで道路や鉄道の状態を常に監視し、崩落などの危険性が基準を超えるまで高まった段階で保険金を払う。ライフラインの寸断が起きる前に対策をとってもらうことで被害と保険金の支払いを抑える。

事故の危険を予知して未然に保険金を払うのは初めて。自治体や高速道路会社、民間の鉄道会社などのニーズを見込む。202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン