/

この記事は会員限定です

香港紙の創業者再収監へ

最高裁、保釈を取り消し

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港終審法院(最高裁)は31日、香港国家安全維持法違反で起訴された香港紙創業者・黎智英(ジミー・ライ)氏の保釈を取り消し、再び収監すると決めた。保釈を認めた高等法院(高裁)の決定を不服とする検察当局の上訴について2021年2月1日に審理するまで勾留する。

黎氏の保釈をめぐっては中国共産党の機関紙、人民日報(電子版)が「反乱分子は中国本土で法律の懲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン