/

この記事は会員限定です

米、個人が「巣ごもり」買い 日米株で年末相次ぎ高値

将来不安の高まり一因

[有料会員限定]

年末の日米の株式市場で株価指数が相次ぎ高値を付けた。米ダウ工業株30種平均は28日に最高値を更新し、29日の日経平均株価も30年ぶりの高値となった。新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり」で個人投資家が増えたことが背景にある。米証券当局などはゲーム感覚での取引を警戒しており、株高には懸念もある。(1面参照

28日のダウ平均は前週末比204ドル(0.7%)高の3万0403ドルとなった。ナスダ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン