/

この記事は会員限定です

2021の針路(6)石油業界、脱炭素どうする?

ENEOSホールディングス会長 杉森務氏に聞く 水素の供給網作りで貢献

[有料会員限定]

化石燃料を扱う石油業界が大きな転換期を迎えている。2050年に温暖化ガス排出を実質ゼロにする政府の「カーボンニュートラル宣言」を契機に、ガソリン車規制など業界を直撃する方針が相次ぐ。脱・炭素にどう立ち向かうのか。元売り最大手ENEOSホールディングスの杉森務会長に聞いた。

――カーボンニュートラル宣言は業界にどんな変化を及ぼしますか。

「40年に石油の需要が今より半減するとみて、従来から再生可能エネルギーの事業化に取り組ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン