/

この記事は会員限定です

糖尿病向け献立アプリ

おいしい健康、症状に合わせAIが提案

[有料会員限定]

ヘルスケアスタートアップのおいしい健康(東京・中央)は、糖尿病の食事療法を支援するスマートフォンアプリの臨床試験(治験)を始める。患者が病気の症状など個人データを入力すると、人工知能(AI)が適切な献立を提案する。2020年にも薬事承認を取得し事業化することを目指す。

同社は病気を持つ人やダイエット中の人などを対象に、食事の献立を提案するスマホアプリを提供している。管理栄養士が監修した1万品近いレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン