/

この記事は会員限定です

島津製作所と鴻海系、車向け受託分析で協業

中国に試験所

[有料会員限定]

分析機器大手の島津製作所は28日、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)と共同で自動車分野向けの受託分析事業を始めたと発表した。共同運営する試験所を中国の22カ所に開設。分析装置を使い自動車の部材に含まれる有害物質などの分析を請け負う。

中国では独BMWや米テスラが中国の生産拠点から欧州へ完成車輸出を本格化させているほか、上海汽車集団など中国自動車大手も輸出拡大を目指している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン