/

この記事は会員限定です

師走のあいさつ回り、コロナで4割中止

賀詞交換会の自粛も

[有料会員限定]

翌年のカレンダーを携えてのあいさつ回りなど、師走の風物詩とされてきた「恒例行事」が中止を余儀なくされている。新型コロナウイルスの影響で全国の事業所の4割弱があいさつ回りを取りやめたとの調査もあり、現場社員からは「営業先に接近できる数少ないチャンスなのに」と惜しむ声もある。年明け以降も新年会や賀詞交換会の自粛が相次ぐ見通しだ。

アスクルは12月上旬、事務用品の通販サービスで取引のある全国3500超の事業所に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン