/

この記事は会員限定です

旧ソ連諸国の指導者、強権維持へ「全国会議」

憲法で制度化 議会のチェック回避も

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ロシアやベラルーシなど旧ソ連諸国で、各界や地方の代表者を招集する全国規模の会議を憲法で制度化する動きが相次いでいる。大統領ら最高指導者が一段と権力を掌握する狙いだとみられる。政府の手続きや、既存の議会によるチェックを回避して政策を決定、実行しやすくなる可能性がある。

ルカシェンコ大統領の退陣を求める抗議デモが8月から続くベラルーシでは、2021年2月11日から2日間、大幅な憲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン