/

この記事は会員限定です

コロナ治療 非接触で把握

スタートアップが映像システム 神戸、医師らの負担減

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、集中治療を要する重症者が各地で増えている。この秋から冬にかけて感染者が急増した都市部を中心に専用病床が逼迫。医師や看護師がギリギリの対応を迫られるなか、神戸市の病院ではスタートアップによる集中治療室(ICU)の映像による見守りが力を発揮している。

神戸市の人工島・ポートアイランドにある神戸市立医療センター中央市民病院。兵庫県内のコロナ対応の中核拠点として医師や看護師...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン