/

この記事は会員限定です

<キーワード>集団免疫

[有料会員限定]

病原体に対する免疫(防御抗体)を持つ人が一定割合になると、その感染症が広がりにくくなる考え方で、もともとは「麻疹(はしか)」の自然発生の流行の落ち着き方から見いだされた。「空気感染」「飛沫感染」「体液感染」など病原体の特性と感染経路によって集団免疫の獲得に必要な数字は異なるが、飛沫感染で広がる新型コロナウイルスは集団免疫を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン