/

この記事は会員限定です

勃興するギグエコノミー(上) 永続的な仕組みを模索

宮永博史・東京理科大学教授

[有料会員限定]

コロナ禍の中で再注目されているビジネスモデルにギグエコノミーがある。「ギグ」とはもともと音楽業界の用語で、その場限りの単発ライブを指す。そこから「ネットを通して単発仕事を請け負う」ビジネスモデルをギグエコノミー、そうした働き方をする人をギグワーカーと呼ぶようになった。最近ウーバーイーツでさっそうと自転車を飛ばす人をよく見かけるが、まさにギグワーカーだ。

そもそも「単発で仕事を請け負う」元祖は大学生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2637文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン