/

この記事は会員限定です

デンソー社長「35年までにCO2排出ゼロ」

生産工程に新技術

[有料会員限定]

デンソーは2035年までに事業活動からの二酸化炭素(CO2)排出を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」を目指す。有馬浩二社長が日本経済新聞のインタビューで明らかにした。自動車産業でも脱炭素化の動きが加速しており、電動化製品の強化に加え生産工程での排出削減へ技術開発を進める。

有馬社長は「35年までにCO2排出を実質的にゼロにする。脱炭素に貢献する製品開発と工場で出るCO2削減のそれぞれに取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン