/

この記事は会員限定です

スペースBD社長 永崎将利氏

「宇宙商社」で業界つなぐ

[有料会員限定]

「あなた自身が学生の目標になるべきだ」。スペースBD(東京・中央)の永崎将利社長は、小中学生向け起業家教育が主力の会社を経営した2016年、助言を受けてはっとした。言葉の主は取引関係にあったAOKIホールディングスの青木拡憲会長だ。

新卒で三井物産に入社し、大企業に窮屈さを感じて32歳で独立を決意。14年に始めた教育事業は軌道に乗ったが、親の一部は起業という挑戦を歓迎せず継続に疑問を感じ始めていた。青木氏の言葉を受け、親交があっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン