/

米リンデンラボの仮想世界 「セカンドライフ」再脚光

コロナ下で「にぎわい」 高い自由度、受ける

[有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実】新型コロナウイルスによる「巣ごもり」で、かつて一世を風靡したサービスが再び脚光を浴びている。その名も「セカンドライフ」。米リンデンラボが運営する仮想世界(バーチャルワールド)だ。ブームから十数年、セカンドライフが今改めて人々をひき付ける理由を探った。

12月、セカンドライフの世界をのぞくとクリスマスソングに合わせて衣装で着飾った20人ほどの人たちが踊っていた。「一緒に踊...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン