/

この記事は会員限定です

年末年始、感染拡大の懸念 世界累計8000万人に迫る

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると、世界の新型コロナウイルスの累計感染者数が8000万人に迫っている。クリスマスや年末年始の休暇で人の移動や集まりが増え、年明け以降に感染ペースが加速する懸念がある。感染力の強い「変異種」への警戒も広がり、欧米などは移動制限やロックダウン(都市封鎖)下で新年を迎える。

米東部時間25日午後4時(日本時間26日午前6時)時点で世界の累...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン