/

この記事は会員限定です

部活、データもコーチ ケガ防止や脱「根性論」促す

走力・敏しょう性を算出/体の疲労把握が容易に

[有料会員限定]

高校などのスポーツの部活動でデータ活用が広がる。プロで普及したデータ分析機器や技術の廉価版が登場。選手の運動能力や体調を数値化し、練習メニューを細かく調整できるようになった。ケガの予防や根性論による過剰な練習を減らす期待も膨らむ。

東京学館高校(千葉県酒々井町)のグラウンドで、約150人のサッカー部員が一風変わった体力測定会に挑んでいた。等間隔に置かれた光電管センサーの脇で30メートル走やジャンプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン