/

この記事は会員限定です

水素 発電コスト、火力以下

[有料会員限定]

日本は2017年に他国に先駆けて水素戦略を策定した世界有数の水素先進国だ。欧州や韓国も急ピッチで活用拡大を検討する中、政府は今回の戦略で水素を「キーテクノロジー」と位置づけ、50年に2000万トン程度とする新目標を掲げた。30年時点は当初1000万トン規模で検討していたが、最終的に300万トンとした。

水素の場合、コスト引き下げが課題だ。新戦略では導入量の拡大を通じ、発電コストをガス火力以下に低減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン